Instagram Facebook
ブログ

『どんど焼き』 と思い出

Share on Facebook
LINEで送る

『どんど焼きは1月14日』  成人の日が1月15日でなくなり 今年は1月9日

 

どんど焼き2017-4

 

子供の頃は 「どんど焼き」が終わったらリヤカーに太鼓を縛りつけて四隅に葉の付いた竹を取り付けて・・・ 縄を巡らせシメを下げて  『とお~ぉりおいだ~ 鳥追いだ』 と夕方から地区内を引き回したことが まるで昨日の事のように鮮やかによみがえります。

この鳥追いには 2つの忘れられない記憶が付いてまわるからです。

 

リヤカーに乗って太鼓を叩いていた時にタイヤのスポークで 足の 『かかとの皮』 をガリガリッとすりむかれてしまいました。  冬の寒い時期ということで 靴下で擦れてキズがしばらく治らずいつまでも 痛かったのが にがい思い出

 

もうひとつは 『あわや機関車と激突』  郷原駅隣の踏切は片側が坂になっています。 いつもは地元の唐沢地区を引き回すのですが  この時は先輩達の指示で隣の辻地区まで遠征したのです。  もう真っ暗な時間 踏切手前の下り坂を勢いよく駆け下りてそのまま踏切を渡った時に 凄く大きな音で 【ボオオオ~~ッ】 【ガガガガガガッ】 一瞬の出来事で心臓がバクバク ・・・ 貨物をけん引した機関車でした(たぶんC-11) 機関車は止まり すぐに駅員が駆けつけてきた  真っ黒な車体にあまり明るくないライトがひとつ こちらは太鼓を打ち鳴らしながら『とお~ぉりおいだ~ 鳥追いだ~』 と勢いよく走っていた訳で もちろん警報機や遮断機そして街灯もありはしない時代です。

 

間一髪 ≪鳥追いの子供達 機関車にひかれる≫  のニュースにならずによかったぁ・・・ 今でもあの時の怖さは忘れられない!

 

どんど焼き2017ー2

 

はじめて手作りした繭玉を焼いていただき この1年無事で過ごせますように *´-`A*