Instagram Facebook
ブログ

日別アーカイブ: 2016年3月30日

石鳥居を作りました 施工

ここは 金井地区の 【一宮神社】  ここはかつて7世紀から8世紀にかけて金井廃寺があった場所といわれています

 

鳥居0

 

この神社にある石鳥居の 『笠石』 が割れて  その下にある 『貫』 も割ってしまいました

鳥居1

 

たぶん 隣にある大きな杉の枝が落ちて割ってしまったのではないでしょうか?

割れ方からして 石材そのものの風化が進んでいて接着等の修理ができない状態です

今回落ちた 『貫』 は10年以上前に割れ落ちたことがあり その時は新しい材料で作り直しました

鳥居2

近くの 『大宮巌鼓神社』 の高山宮司に魂抜きをしていただいてから撤去しました

鳥居3 

 

残念なことに鳥居に建立年は彫ってありませんでした

鳥居4

 

先ずは基礎工事 見えなくなるところですが最も重要な部分です  コンクリートやクレーンの無い時代には多くの知恵を結集して鳥居を作ったのでしょう

鳥居5

 

基礎工事完成!  その上に 『台石』  を据え付けます

鳥居6

鳥居7

 

高さ2.4メートルの高さに足場を組みました  明日に備えて移動クレーンを搬入

鳥居8

 

建立当日 12トンクレーンが到着 神社前の通りが広くなっているので安心して作業ができます

鳥居9

 

最初に建てる 『柱』 の直径は32センチ 長さ3.5メートル 重さは約1トン

鳥居10

 

1本のベルトで吊る方法もありますが 今回は2本のベルトで吊りました

鳥居11

 

1本目の柱を建てるのが特に大変 モルタル量を調整して内側に傾くように据える

鳥居12

 

何度も上げ下げを繰り返し決定 その後クサビで仮固定 柱上部はパイプで固定

鳥居13

鳥居14

 

もう1本の柱を立てながら 柱の間に 『貫』 を入れて2本の柱位置を決めます・・

最も重要な作業なだけに これまでは緊張の連続です

鳥居15

 

【一宮神社】 と彫った 『額』 を据えてから 2本を組み合わせる 『笠石』 を上げて

鳥居16

 

このように組み上がりました いやぁ 無事に組み上がって良かった

鳥居17

 

組立をずっと見守ってくれた神社役員さん クレーンのオペレーターも加わり記念撮影!

鳥居18

 

このあとに仕上げの仕事が待っています 下では柱をモルタルで固定

鳥居19

 

 

上ではクサビ石を取り付け(石鳥居の場合 クサビ石は飾りです)  それからコーキング目地

鳥居20

 

上部の作業を終えて足場を取外します   柱の後には 『銘板』 を取り付けます

鳥居22

鳥居21

 

いよいよ完成です

鳥居23

鳥居24

 

石の表面は刃物で叩いた 『ビシャン加工』  文字は地域の書道愛好誌 『書源』 の代表にお願いしました 

今回製作の鳥居は今までの鳥居に近い大きさ 小振りの石鳥居は作ったことがありましたが この大きさは初めての挑戦 いやぁ勉強になりました!