Instagram Facebook
施工実績

永代供養塔

まずは基礎工事から。『床掘り』の土を運び出すのも手間が掛かります。

その後、『石工事』では、クレーンを使って大きな石を据え付けます。地下納骨室部分では太い梁で重さに耐えるようにし、地上部分の台石組立に移ります。

床板、横壁を設置していくと徐々に建物らしくなり、接着剤や地震対策のステンレス棒により、盤石の構造を作り上げます。

ギャラリー

コメント

完成後は「魂入れ」が行われます。