Instagram Facebook
ブログ

月別アーカイブ: 2016年5月

まさか・・・ まさか!

近くに住む菅谷さんが立ち寄りました 車庫に眠っていた10数年前の軽自動車の車検を受けて乗り出したとのこと・・・  【ダイハツ ミラ】 ですよねえ? スポーツカーでもないし 日頃軽トラックで動いている菅谷さんがわざわざなんで 暫く放っておいたこの地味な車に乗り始めたのか(・・;)?

 

ミラ1

 

不可解な気持ちで ぐるりと見渡したら後席が取り払われていて何やら細長い手作り感満載の箱と アンプとおぼしき物が配線むき出しで鎮座しているのが見える・・・ でもスピーカーが見当たらない?  内装も地味地味していてこれといった特徴も無さそう!

ミラ2

 

ひょっとして (@_@) まさかこれって・・・?  ここでオープン ザ ボンネット w(゜o゜)w

ミラ3

エンジンがない ここにも手作り感満載のボックスが二つと その下にモーターがひっそり隠れている  オートマチックのミッションに直結され走ります。

 

コンソールにはデジタルメーターが 上段に電圧計98.1ボルト 下段に室内温度・モーター温度・バッテリー温度??

ミラ5

 

 

ガソリン給油口を開けると ここに控えているのが充電用プラグ ・・・ 【オイラは電気しか使いません】 と主張しているようで笑ってしまいます。

ミラ6

 

先程の後席の箱の中にはバッテリーが直列で4個鎮座していた 左下の箱の中にもう4個

ミラ4

 

12Vのバッテリーを8個つないで96V  家庭用100Vを使い満充電で30Km走れるそうですが片道15Kmではちょっと心もとない距離ですね!

 

早速試乗会です 日産リーフに試乗した時には電気自動車の力強い加速に驚きましたが ミラには圧倒的な加速は期待できません 子供の頃に乗った遊園地の電気自動車にも似た感触に 思わずにっこりしてしまいます ・・・・ 電気自動車 【 ダイハツ ミラ 】 恐るべし!

ミラ7

 

 

でも 電気自動車に挑戦する70代ってカッコいい 車検用の申請書はかなりの厚さになったとのこと 電気自動車を買うことはできるかもしれないが それを作ってしまう情熱には頭が下がります。

 

 

【MTB むかし道2016】 始動!

ハルヒルの2日後 【東吾妻MTBむかし道2016】 の会議があり概要が発表されました

昨年の大会後から県内外の仲間が集まり新しいルート探し・整備を進め 今年も全長50Kmのコース用意しました  また大会前日に NHK大河ドラマ『真田丸』で大人気の岩櫃城祉を巡る19Kmのオプションツアーがあります

 

 

浦野石材には何に使うの『?』といった石が  訳があって割れてしまった石ですが

道脇に異様な存在感でたたずんでいるので見かけた人も居るかと思います CAUTION!

 

看板1 看板2

倒れると危ないので近寄らないでくださいね・・・・

 

この石に これでもかとポスターを貼ったので気になる方は参加を検討ください

看板3看板4

 

大会は10月15~16日 申込みは6月1日から ホームページよりお申込みを!

 

 

 

 

ハルヒル 6500人参戦

ハルヒル5

 

【なんということでしょう・・・!】 どこかの番組のパクリですが

 

6500人が自転車で榛名山を登るなんて10年前には誰が考えたことでしょうか?

22日早朝 快晴に恵まれた集合場所のグランドは 見渡す限りの人と自転車で溢れかえりました

ハルヒル1

 

 

午前7時エキスパートクラスから順にスタートが始まり 一般の参加者は目標タイム順にスタート  私たちは全体の3分の1くらいのスタート順になります   優勝者のタイムは40分を切りますが オイラの目標タイムは70分! 我らがチームJamからは9人参加か? 昨年の18人からするとずいぶんと淋しい状況です

 

 

ハルヒル2

ここゴール手前250mの激坂コーナーは多くの声援や笛 鐘が鳴り響く一番の応援スポットです ≪脚がつりそうな選手たちの心拍が200近くに跳ね上がる 地獄の最終コーナー≫

ここにJamジャージが写っていないのは何とも残念ではありますね (*^^*)

このすぐ下で 調整不足で参加できなかったメンバー狩野さんの応援があり その場は思い切り頑張れましたがゴールまでは続きませんでした

 

60代前半 <富士見樺沢 東京夕向 草津工藤 草津萩原 オイラ浦野> の5名はいろいろな大会で競り合って 今回も顔を合わせました・・・ 結果4人のタイムは68~69分 初参加・コースの下見もしていない夕向の3分遅れはいた仕方ないが これほどのつばぜり合いは初めての出来事・・・ 決して仲良く並んで走ったわけではありませんょ (*`ェ´*)

 

ハルヒル3

近くにいた選手にシャッターをお願いしたらポーズの形を指示してきた・・ あれまぁ プロのカメラマンでした

 

ハルヒル4

おもしろいものを見つけました バイクというよりそのまんま 【原動機付き自転車】  恥ずかしがり屋のオーナー氏は後ろ向きを条件にしぶしぶモデルを引き受けてくれました・・・  30ccのエンジンが付いていて榛名山に登るにはペダルを漕いでアシストしないと無理だそうな

 

標高1000メートルの榛名湖周辺は気持ち良い暑さでしたが 下界は30°超えのうだるような暑さ  【今年も夏が来た (+_+)】

 

 後日リザルト(記録証)を見てJamジャージ参加者が たった4名だったことが判明 チームの皆さんどうしたの?

 

 

天空の神社

中之条町赤岩地区は 【絹産業遺産群】 にも選定されている場所です。 赤岩神社はその地区のず~と上の岩山の上に鎮座しています。

今回の灯篭修理で3度通いましたが その都度 灯篭のある場所よりずっと上にある 【拝殿】 と 【本殿】 に登ってしみじみ眺めて よくもまぁ こんな場所に作ったなぁ と驚いています。

 

石段の下のそのまた下に修理した灯篭があります。

赤岩神社21

 

【天空の神社】 といったたたずまいです  近年 大がかりな改修工事がされたそうです。

赤岩神社22

赤岩神社24

 

本殿から拝殿を見下ろしました 周囲の大木は切り倒されていて 陽当たりと気持ちが良い!

赤岩神社25

 

 

この地域の信仰心には頭が下がる思いです  この先話題になりそうな赤岩神社でした。

 

 

 

5月3日は 『筑波の日』

今年で23回目の 【春の筑波8時間耐久レース】 は351チームが参加しました  我ら 【チームJam  かかあ天下】 は6名が交代で8時間を走り続けます。

 

IMG_4827

今回の6人の平均年齢はほぼ60歳 自転車歴20年以上の強者(つわもの)ぞろいです

 

 

IMG_5058

1998年の初参戦以来 16回目の参加なのでピットレーンでは余裕の笑顔  普段はレースカーが走る 『筑波サーキット』 を貸し切っての人気大会です

 

 

IMG_4940

今年は一日中強い風が吹いていたので集団の先頭を走る時は抵抗が大きくて大変です  めったにない先頭走行を撮影していただきました ラッキー!

 

IMG_4884

アンカーはゴールまでの40分位を走り続けるので チーム最強の東京在住 『夕向 ゆうむき』が担当です 

 

 

IMG_5324

午後6時感動のゴール~パレード走行  この日のオイラは練習を含めて60Kmを走行 30周回でした ≪平均スピード30Km強≫ 夜に控える完走祝いの【生ビール】をおいしくいただくために頑張るのです(*^o^*)

 

 

このまま終わっては残る4名に申し訳ありません  Jam戦士の雄姿をご覧ください

IMG_1117 IMG_1188 IMG_1251 IMG_1504