ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 現場レポート

山桜桃梅ジャム

自転車仲間 久保さんの手作りジャムをいただきました 美味い ! (●’◡’●)

【山桜桃梅 ユスラウメ】ジャムは 写真よりもずっと鮮やかな色です

今までずっと【グミ】と呼んでいたけれど 【ユスラウメ】なんですね (⊙_⊙;)ˉ

子供の頃は多くの家の庭に植えてあって 学校帰りのオヤツにいただいたものです

 

気まぐれ富士山

20年も通い続ける富士山ですが こんな富士山が迎えてくれるのは嬉しい

倉林さんに誘われて「富士ヒルクライム」に参加しました 何度も登っている五合目ですが レースで登るのは初回と数回目そして今回は17th  松井夫妻は毎年参加でしたが今回は??

AM8  指定された駐車場は会場から7Kmも離れた一番遠い場所  富士山が遠くに見える

AM9:20『スタートは密を避けてください』のアナウンスでまばらにスタート

この先予報通りの雨に 2時間後 ゴールの五合目は『濃霧  風  強雨』撮影なんてできません

 

PM3 五合目の悪天候は何だったの の青空   満杯だった駐車場はこんなにガランと

この日の参加者は4700人   コロナ禍の大会でこれだけの人数を集めるのはさすがです

70代になった倉林さんはお見事 3位 (^_^)V  夕向と辛く楽しく満喫しました ^_^

 

墓地のリフォーム

花立交換を頼まれ交換しました 建立から45年 全体が苔むした状態です

花立だけが綺麗になり 妙に違和感があります

相談して全体の改修することになりました

周囲の藪を刈り払い 石塔を取り外して 現在の基礎に被せて大きく囲います

石塔も磨き直します

黒御影石の上面は風化が進んで白く変わっています 縦面の風化は少なく黒い状態です

灯篭や一部の部材を新しいものに交換 周囲が新緑になってきました

文字色を塗り直すことで新しい墓地のようになりました

 

 

竹に異変が

周りの竹が黄色くなってきた  この時期続々と出てくる竹の子も 姿を見せない

イネの穂先に似た「花が咲いています」 竹はイネ科の植物だそうで

黄色いオシベ? メシベ? 花弁?  が垂れ下がっている

【花が咲くと全部枯れてしまう】と言われているけれども

近くにあるこの竹藪が枯れると・・ モーテル≪三喜≫の建物が姿を現すことになります

≪三喜≫があったのは35年も前のこと・・  地域にも活気がありいい時代だったなぁ  ╮(╯-╰)╭

今でも壊れた看板が藪の中に眠っている

 

原町の大ケヤキ

冬の数日間 延命作業がありました・・ たぶん

【槻木  つきのき】樹齢千年以上といわれる大ケヤキは原町地区の街割りの目印になり直線道路の端 三叉路にあります

槻木を意識するようになったのは車を運転するようになった頃

半世紀前には今の数倍の葉が茂り 威厳がある大木でした

5月を迎え葉が出てきました

日本の三大欅(ケヤキ)と称される槻木ですが 見るも無残な状況

大木の周りが舗装されていて根元を車が頻繁に通る現状が解消されない限り

生き延びられないのは誰の目にもあきらか

東吾妻町・群馬県は道路を少し移動して広い交差点にできなかったのだろうか ( -_-)

 

残念な雨予報

今日はハルヒルの日 昨年はすべてのバイクイベントが中止になりました

久々のイベントに向けて【ツールド草津】【赤城山ヒルクライム】のコースを走り

昨夜準備完了 朝5時に起床しましたが  この先雨になる天気予報で取りやめました

ゴールの榛名湖は標高1000m ゴール後下山開始まで2時間ほどかかる

晴れていれば問題ないが

冷たい雨の中を2時間も待ち続けてから 濡れた急坂を下る辛さときたらレース以上に辛いかも知れない

次のイベントは友人に誘われた6月6日  3度目挑戦の【富士ヒルクライム】

【富士ロングライド】の前日にほぼ毎年のように登っていたスバルライン

コロナ感染者の少ない山梨県で開催ですが コロナ蔓延でどうなるでしょうか?  ⊙﹏⊙∥

 

 

・・・ (⊙.⊙;) “

コロナ禍は世界中の個人 企業に大きなダメージをもたらしました

浦野石材も大きな渦に巻き込まれています

こんな時こそ思い切った策略を!

一発逆転を狙って看板を増設しました(笑)  ⊙﹏⊙∥

三角地に建つ 浦野石材工場は上り車線からはこんなにスリムに見える

小さな看板は目につくのかなぁ  (⊙.⊙;)~∵

 

凄い夕焼が

昨夕 燃えるような見事な夕焼を見ましたか?

一瞬の鮮やかさは逃してしまったものの 刻々と変わる色合いを撮影することができました

昨日は『大量の黄砂飛来』と天気予報で言っていた 黄砂のお陰もあるのかと

 

やすらかに・・

数年前に作った墓地に初めての納骨をしました

ここは八ッ場ダム本体近くの共同霊園 立派な墓地が並んでいます

納骨室を開けると カラフルな光景に目を奪われます

エンジ色の墓相砂に文字を書いた無数の石

【納骨時に般若心経を写経して納めることで供養になる】と言われています

262文字の【般若心経】を施主が石に書いたものです

亡くなられたお母さまも安心して眠れるように思えます

 

GWは・・

やってきましたゴールデンウイーク なのに 外出を控えて・・ ですか?

久々に登場 近年きれいな紅葉を望めなくなった岩櫃山は 新緑の今がイチオシ

そして 工場 自宅を望む【耕作放棄地】一歩手前の畑も新緑に

今年初の草刈りです  この先ず~っと草刈りを続けるのは嫌だし  かといって植えるものも無いし・・ 悩ましい