Instagram Facebook
ブログ

月別アーカイブ: 2015年7月

納骨室と墓誌の組み合わせ

石塔の改修をしました  石塔の下に納骨室がありましたが状態はあまり良くありません。

剣持直利改修前

 

墓誌も新設するので写真のような形にしました。

地上納骨室(丘カロート)に墓誌を載せました。

剣持直利

連載1 石工事開始

コンクリート工事が終了  これからが石屋の仕事になります

丸山改修5

外柵石を搬入しています

丸山改修6

大きな石塔を建て直ししています

丸山改修8

外柵石のコーキング目地をしています

丸山改修7

先祖の石塔 灯篭を建てて完成が近づいてきました

丸山改修10

連日の猛暑には参っていますが 午後には日影になるので大助かりです f(^_^;

丸山改修9

117クーペ ミーティング

暑さ全開の7月12日(日曜日) いすゞ117オーナーズクラブ関東支部の「榛名ミーティング」がありました。   この車は1969年から1981年までの12年間に86,000台も作られましたが生産終了から34年経った現在 元気に動いているのは数百台くらいでしょうか??   この日の参加は東京 神奈川 埼玉 栃木 群馬からの13台と特別参加のコスモスポーツ1台 最初の目的地『伊香保おもちゃと人形 自動車博物館』の前庭での撮影  

おもちゃ博物館にて

厚木からやってきたワインレッドの車両は別格! ボンネットを開けるとエンジンがビカビカの新品状態 まるで工場のラインから出てきたばかりの状態・・・  フルレストア(車の部品を全部外してから全塗装  エンジンや足回りなどできるだけ新品の部品を使い または新品に近い状態まで加工して使用  配線類は新規製作 ライトは最新のLED・・・ ) など気の遠くなるほどの手間を掛けて組上げたものです   総額は高級車が買えるほど 数百万になったりもするから驚きです。

117 2015072

 

 

最終目的地は 『ロックハート城』 この車をデザインしたイタリア人「ジュージアーロ」が この城にサインを残しているということで特別な駐車場まで入ることができました。  オーナーの多くが40代以上50~60代が中心  若い人たちは車好きでなければこの車の存在を知りませんね。

ロックハート城にて

 

 

 

親子3代で

『石塔の改修工事』 は手間のかかる仕事です  約250年前からの およそ30本の石塔を並び替えました。    でも今回は 施主がこの時のために確保していたほぼ長方形に近い自然石を記念碑として建てた工程をご覧ください。    SANYO DIGITAL CAMERA

 

今年87歳を迎える 「じいちゃん」は 家族からみても「筆文字の達人」です。  でも寄る年波には勝てずに現役を続けることが困難になりました (出来の悪い息子・孫なので いつまでも働き続けたじいちゃんでした)  【 一 心 】 は施主の親戚が書いてくれましたが「じいちゃん」が彫り方を指南  石に字彫り用のシートを貼り付けてから文字を切り抜き カッターでおおよそに削ります。   一心2一心3

その後に字彫の機械で整形するのは息子の仕事      一心3-2

裏面は切りぬいたところに石板をはめ込みます。   一心5一心5-2

孫が石塔を建て直しして完成です。   一心7

初めての『麦飯石』

知り合いから 『麦飯石』を割ってもらえますか?  と依頼がありました。

 

えっ 『麦飯石?』 聞き覚えはあるけれど初めてお目にかかりました。  見れば拳よりひと回り大きい程度の風化したように見える白御影の自然石!  ご飯を炊くときに使用する また水の浄化作用がある そして≪小さいほど効果がある≫・・・  とのことですが小さいからといって ご飯を食べる時にガリッとかじってしまったり 水と一緒に飲み込んでしまっては大変なことになってしまうので 3cmくらいの大きさに割りました(風化した石なので専門の道具を使えば簡単に割ることができました)

 

でも角が尖っていては不便かなと削って・・・  やはり手間がかかりますね!  こんな感じに仕上がりました f(^_^;     麦飯石麦飯石拡大

 

あっ しまった!  割る前の石を撮影して無かった!

【スパトレイル】はハードな競技

6月最後の日曜日に 四万温泉~野反湖~草津温泉の山の中の道を走る 【スパトレイル】が開催されました。  全行程72Km と 野反湖~草津温泉の 38Km の2つのコースに900人以上が参加  自転車仲間の倉林さんも参加するので応援に駆けつけました。 1週間前から雨に降られる予報でしたが 前日からは晴れ/曇りの予報になり参加者・関係者は喜んでいることでしょう 私も雨なら応援に行くことは無かったと思います。

車での応援は走っている人に申し訳ないような気がして かといってランニングはご無沙汰しているので自転車にしました。  野反湖に向かう最後の部落 「和光原」から野反湖までは車道に付いたり離れたりする山道を選手たちが登っていきます。 スタートからもう25Km以上も山道を走っているというのに小走りに登る姿は 人間ってどこにこんな能力を持っているのと不思議に思えてしまいます!!  【自然の中を駆け巡る】 動物本来の行動を楽しみながら体験できる参加者の皆さんは素晴らしい・・・ 応援にも力が入ります。  スパトレイル2

スパトレイル1スパトレイル3