ブログ|浦野石材

ブログ

MTB むかし道 2022

【東吾妻MTBむかし道22】 に向けたコース整備が続いています

好天に恵まれた週末 県内 首都圏からのボランティアスタッフ15名が集まりました

19年は『豚熱蔓延で』 20・21年は『コロナ禍で』中止に

その間も開催に向けた コース発掘・整備は続いていました

例年 秋に開催されていましたが 今年は春3月開催を計画も コロナ6波で・・

今回は坂上地区の新コース 所どころに凄い藪が待ち構えている

今日の草刈機チームは6名 奮闘の成果がこれ 【 藪のトンネルを抜けると・・・☆ 】

重装備のスタッフ 脚にはノコギリ装着   カッコイイ     []~( ̄▽ ̄)~*  

 

かなりの重症です

修理依頼がありました 隣の山から樹が倒れて墓地を直撃

石塔はかろうじて倒壊を免れましたが 絶妙なバランスで耐えている

ちょっとした振動で落ちてしまいそう

周囲の古い石塔も倒れてかなりの重症 汚れも激しい

長い外柵石は3本に割れてしまった できるだけ現在の石を使って直したいとのこと

どうしたものか・・?

 

今年は草の伸びがいい

今年3度目の草刈り 工場下の田んぼ(現在は耕作放棄地)の石垣に・・

雨の当たらない左側の石垣に毎年恒例の【足長蜂の巣】 今年は特別に大きいのが2個も!

蜂たちは羽根を広げて小刻みに震わせて【スクランブル発進  準備完了状態】

・・  刺されなくて良かったぁ   (ˉ▽ˉ;)…  たまにはやられる   >_<

 

今年は はずれ年

琉球朝顔 今年は早春に芽を出して その後の寒気で3鉢が枯れて1鉢だけが残った

いつもなら8月には事務所前で咲き競うのに 今年はポツンと一輪がたまに咲くだけで

目立たない片隅でひっそりと・・ 陽気のせいかなぁ?

 

いつもはこんな感じ 来年に期待しましょう

 

・・松茸が・・ :-*

我家が始まって以来 初めて本物の? 【松茸】が届きました

県内産ですよ 10cmほど さて どうしようか   (〃 ̄︶ ̄)・・

悩んだ末に翌日『お吸いもの』でいただきました

・・う~  永谷園の『松茸の味 お吸いもの』ほどの香りがしなかった

次に戴いた時には『松茸ごはん』で・・ と決めましたが 次があるかなぁ?  ☆*: .。.

 

春からのツール三昧

5月のジロ デ イタリア 7月のツール ド フランス 8~9月のブエルタ ア エスパーニャ(スペイン)

今はブエルタ それも残り僅か   今日は19ステージ もともと乾いた地域ではあるけれども道路わきの雑草が枯れているのは 熱波と干ばつが影響しているのだろうか

世界中から170人程が参加するこれらの大会に日本からの参加はこのところ無い

日本を代表する「新城幸也」は数年前はツールに参加していたけれども

3週間以上 たまの休日を除いて連日200Kmに近い距離を走りつづける

山岳ステージでは1日で何千メートルも登る     規格外のハードな内容です

日本では連日走りぬく大会は無いので  若いうちに欧州に渡り鍛えるしかない

ほぼ毎日 寝る前の2~30分ほどスカパーを見るのが日課になった

運が良ければゴールを見ることができる 誰がトップになるのかは気にしないけれども

ゴール前の駆け引きには釘付けになってしまいます

ヨーロッパの道路は電柱を見かけることがないのですっきりしている

電気は地下なんでしょうかねぇ (⊙_⊙;)

 

ゴルフ好き ・・ですね

初めて見ました ゴルフ好きな人は多いけれども墓地に

これを作るのは大変 球を加工する機械はあるけれども

等間隔に穴開けて内側まで磨くのにどれだけの手間がかかるのだろうか

よく見ると多少破綻しているところも ^^;  でもお見事です

 

ようやく秋の気配が

暑い夏が続いていますが 朝夕の気温に秋の気配が感じられます

展示場で7月から咲き続けているのが サフィニア 次から次に花が出てくる

いちばぶどう に立ち寄ってみました

見た目は もう十分にうまそうになっていますが収穫は1ヶ月後からとのこと

予約の電話が続々と入ってくるそうです 若木が多くて収穫量は限られているので

ここでは 暑い争奪戦が始まっています

 

・ かわいい ・

・・・ かわいい ・・・

セミの羽化に遭遇 小学生の頃には毎日 うんざりするほど見慣れた光景だった

このところはお目にかかることもめっきり減ってしまいました

ミンミンゼミかなぁ? 小柄な感じもするけれど

 

お盆に まにあいました

コロナ禍の影響で 仕事量が激減している墓石業界ですが

ありがたいことに今年の浦野石材は お盆に向けての仕事が集中しました

旧六合村 梨木地区での仕事 大きな家が6軒が建つが3軒は空き家になっている

2ヶ所に別れていた先祖様の石塔と共に 新しい石塔を作りました お堂脇の共同墓地はきれいに草刈りされていて多くの石塔が並んでいます

【中国山崎蓮華付石塔】 展示場の中央にしばらく鎮座していた石塔です

一世を風靡した名石 現在は掘りつくしたようですが 落ち着いた石目には ほれぼれします

40年経った墓地のリフォームです

五輪塔台座 ・墓誌・塔婆立の再加工 外柵石の組み直し 床の貼石 手前のコンクリート など多岐にわたる改修 本格的な改修工事になりました

そして 近くにある杉の枝打ちで すっきりした墓地になりました

黒御影石の代名詞【インド産クンナム】ですが コロナ禍の影響で殆んど入手できなくなっています 一昨年に加工しておいた石塔を建てました

この先は 【インド産 M U 】の黒御影石を使うことになりそうです

やたらと早い梅雨明け その後の酷暑 再びの雨続き 再びの酷暑・・

なんとか盆入りの前日 12日に終えることができました